毛染めシャンプーで白髪染め

毛染めはシャンプー時に手軽に!シャンプーしながら白髪染め

白髪染めとおしゃれ染めの違いとは

白髪染めおしゃれ染めの違いをご存知ですか?

おしゃれ染めで白髪を染めることは出来ませんが、
白髪染めは 黒髪に白髪が混ざっている場合でも、
ほぼ全体を同じ色に染めることが可能なものを指します。

少し具体的に書いていくと、おしゃれ染めというものは、
一般的によく言われる「ヘアカラー」の事を指します。

こういった毛染めは持続性に限界があり、大体1~2ヶ月程度の間だけ
好みの色に変える事が出来ます。

おしゃれ染めは、本来自分の持つ髪の色に、
新たに好みの色を上から被せるようなものです。

ですので、本来の髪の色素状態によっては、金髪などの極端に明るい色に染めるのは難しく、
多少なりとも脱色を行わないといけないので、髪のキューティクルを壊します。

このため、劇的に髪の色を変えるには髪へのダメージが大きく、
染めた後はアフターケアをし続けなければなりません。

白髪染めも、おしゃれ染めと同じく「ヘアカラー」の部類に入るために、
「白髪染めにしたらいいのかおしゃれ染めにするのか?」
と悩んでしまわれる方が多いです。

目安としては、黒髪に混じって白髪が気になる方は、
白髪染めのヘアカラーで染めるべきなのです。
おしゃれ染めでは白髪に色を付ける事が出来ません。

白髪というのは、加齢により肌の色素細胞が死ぬ為に起こるもので、
メラニン色素は色を失い白い髪色へと変化していきます。

ヘアカラーは薬剤によってメラニンを分解し、開いた所に色を入れる事で
髪を染める仕組みですが、この時に白髪であると、既に髪はメラニンを失っているので、
おしゃれ染めとは異なる成分の成分で染めなければ、白髪が染まらないのです。

白髪染めと聞くと黒にしか変えられないんじゃない?というイメージもあるかと思いますが、
白髪染めと言っても、最近ではカラーバリエーションが進歩し、
ブライトカラーからダークカラーまで種類が豊富になり、
おしゃれ染めと同じ感覚で白髪染めを使う事が出来ます。

利尻昆布の白髪染めなら

・うれしい3色カラーバリエーション!
無添加処方なので 髪の毛や地肌に安心!

今なら、無料でお試しできる 全額返金キャンペーン中今すぐ試してみませんか?

バナー原稿 468×60 (100910)imp